FOTONE フォトン

HOME > コラム > 写真を飾る

写真を飾る

カメラやレンズを揃えて、撮った写真をモニターで眺めてSNSに投稿、、、
それで終りという人、案外多いのではないでしょうか?
もちろんそれではもったいない。
やっぱり写真は飾ってなんぼ、写真を飾って部屋をオシャレに見せたいとかお客さんに見てもらうのも楽しいものですが、それだけではありません。
部屋に飾ることで、何を撮ればいいのか、どういう写真がいいのか、はたまたどんなカメラがいいのか、そういうことが見えてくるかもしれません。
今回はそんなお話です。

写真を家に飾ってますか?
僕はインテリア関係の仕事柄、仕事でもプライベートでも写真を飾る機会があります。
どんな写真を選んでいるかというと、、
ズバリ、オシャレな写真ですw
身も蓋もない話なのですが、飾るにはオシャレな写真であることが重要です。
京都の路地や雑多なストリート写真?路地で撮った知らない人の後ろ姿?
自分で「誰だよこのおっさん…」って部屋で呟いちゃいますよ。
漁村?桜?伝統のお祭り?それじゃ地方の温泉施設です。やめましょう。

自宅を飾るならオシャレなカフェやインテリアショップをイメージして飾るのがもっとも近道です。
「うち、そんなにオシャレじゃないし…」いえいえ!オシャレな写真があればオシャレな部屋に見えてきます!


なんと言っても家族を撮りましょう。
家に飾れる圧倒的な存在理由です。だれが見ても自然に馴染むはずです。
恋人や夫婦の二人暮らしでパートナーを撮って飾るのは控えましょう。1,2枚くらいならいいですが、何枚もあるとキモイです。冷静になれ。

ただし、妙に生々しく見えてしまうこともあるのでカラー写真は注意。特に老人の写真は。
モノクロの方が飽きずにずっと飾っていられます。
(モノクロ写真については別途コラムも是非!)

花もいいんですよ。
実際に花を活けるのは面倒くさい、そんな代わりになります。

空や海の写真
「ケッ、インスタ映えかよ」いまそう思いましたね?
窓の代わりじゃないですが、空の写真はちょっとエモくなれる上に馴染みやすい。
絵画のように使えます。

海外旅行の写真
国内旅行じゃダメなのか?!残念ですがダメです、経験的に。。
身も蓋もない話ですがアジアよりも欧米がいいですね。。ああ…

棚上なんかに洋書と合わせて立て掛けると「これ見て!」感も薄まってさらにグッとよくなります。壁に穴をあけれない方にもオススメの飾り方です。
ついでにおしゃれな写真集買いましょう!写真の勉強にもなるし、インテリアの小物としても使えます!イケてる花器もいくつかあるといいものです。
豊かな生活とはカメラから生まれてくると声を大にして言いたい!


またサイズですが、普通のマンションなんかに飾るならA4~A3サイズで十分です。
使ったものは全てA4です。(A3って相当大きいですよ!)
つまりこれらのサイズに伸ばすのに、高画素なカメラは不要だったりします。
13〜15インチのノートパソコンに表示して荒くなっていなければ問題ありません。
トリミングしても2400万画素もあれば十分でしょう。
え、いつかプロになってその時ポスターサイズまで伸ばせないと?頭を冷やしてください。
その時に中判買って撮り直しましょう。
ぶっちゃけボケに拘らないならフルサイズである必要はないです。APS-Cで十分!
毛穴が写って喜ぶ女性はいません。
そうそう、写真には余白も含まれるので飾ってみるとさらに小さい写真で十分なことが分かってきます。
大き過ぎると「見て!!」って主張が強過ぎて少し気恥ずかしいですしね。
小さな写真で十分なので少々高ISOのノイズの入った写真も大して気になりません。
撮りたいものだけではなく、自分に合ったカメラも見えてくるのではないでしょうか?

カメラを買ったものの、何を撮ればいいのか分からない方は飾って絵になる写真ってなんだろうと考えてカメラ道に邁進してみるのもいいかと思います。
写真だけでなく、自分や家族のファッションやインテリア、デートや旅行の目的も変わってきてきっと人生が豊かになりますよ!

コラム