FOTONE フォトン

HOME > NIKON > Nikkor Z 50mm / f1.2S with Nikon Z5

Nikkor Z 50mm / f1.2S with Nikon Z5

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 レビュー review ニコン ニッコール

Nikkor Z 50mm / f1.8Sに続いて、真打ちの登場です。
Z 50/1.8Sも大絶賛のレビューとなりましたが、Z50/1.2Sもネットの作例見まくっている時点で分かっていました。こいつはキャノンの至宝、RF50mm/f1.2Lを抜くと。

余裕で抜いたわ…

Nikonの夢見た世界はこれだったのかと感動すら覚えました。
f1.2界を突き抜けるボケ量、そして屋外開放で撮ってもほぼフリンジが出ない高い精度。
RF50/1.2Lでも晴天下ではわりと普通にフリンジ出ますからね。
全長150mmは伊達じゃない。
いや待て、全長150mmですよ?!(RF50/1.2Lは108mm)
あんなにヤバいと思ってたZeiss Otusでも125mm。どうかしてる!
ちなみに持ってもバランスはかなり悪く前重心で相当な重さを感じます。手首痛い。
例えば手持ちでマニュアルフォーカスも困難な重さ。
そんなわけで普段使いには全く向かないレンズですが、仕事なら問題ない。
むしろクライアントはレンズとカメラが小さいと不安げな顔しますからね。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 レビュー review

それにしても半端ないボケ量です。
こうなったら家宝のNoctilux 50mm/0.95 asph.と撮り比べちゃいましょう!

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 比較 Noctilux 50mm f0.95 asph ボケ


……
確かにちゃんと見比べるとわずかですがノクチの方がボケます。(左がNoctilux 50mm / f0.95 asph.)
よかった…
Z 50/1.8Sと同様、数値以上のボケ量を目視で実感します。ヤバい。
さらに屋外でフリンジを無視して常に解放で撮れる点を考慮すると、場合によってはノクチを超えてきます。
(僕は屋外でノクチを使うときは泣く泣くf1.4くらいまで絞ってますからね。じゃないとまじでフリンジが酷い)

ただAFはちょっと迷う、というか最後の決定に手間取る感じ。これはZ5だからなのかな。
回避するにはAFスポットを大きくすればいいです。大体合ってます。さすがニコン。
とにかくAFスポット最小だとストレス。あ、暗いとAFスポットが大きめでもかなり迷います。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 スナップ レビュー review

大口径レンズで撮ると普段の何気ない風景がハッとしたものに変わります。
どんどん何気ないものを撮って欲しい。
写真は腕よりレンズです。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 スナップ レビュー review
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 スナップ レビュー review
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 風景 レビュー review

もちろん、ニコン、解像度も凄まじい。
開放から一切の妥協がありません。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review

アンダー気味に仕上げるとボケの印象が強まります。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 スナップ レビュー review

ノイズも強めた方が高性能レンズ感が薄まっていいケースも。
とにかく優秀すぎる点がちょっと気になったりもします。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review

そこそこ距離あけてもガッツリ背景ボケます。
いやしかし、フリンジがホントに出ない。バリヤバい。
Noct 58mm / f0.95 いらんやん…

よくボケるので1:1フォーマットにしてハッセルライクも。ちょっとボケが上品すぎる感じはありますが、ハッセル感はちゃんとあります。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review

まあノクチの時のようにはちょっといかないですが、1:1にするだけでちょっとエモくなるのでオススメです。


ここからちょっと絞ったものも。
いい機会なので軽く絞った写真も見てやってください。趣味の写真ならオール解放もいいと思うんです。でも仕事の場合はある程度、説明的な要素も必要でちょっと絞ったものも求められます。
要するにぼかしてばかりだと、アホみたいな写真になったりもするという話です。
絞っても柔らかさの残るしっとりした映画のワンシーンのような時間を感じさせる上質なボケ。
最高品質のレンズだなと思わせます。

NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 スナップ レビュー review
f1.8
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
f3.2
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
f2.8
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
f1.6
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 ポートレート レビュー review
f2.8
NIKKOR Z 50mm f/1.2 S f1.2 nikon 作例 実写 z5 スナップ レビュー review
f1.8

…すみません、嘘つきました。
気付いたら勝手に絞られてて…(レンズ側のダイヤルは絶対にオフの方がいいと思う!マジふざけんなよ!!)
でもいい写真だったので見て欲しかっただけです。


それにしてもこれが対称型レンズの持つボケ量なのかと驚きます。ちなみにどこが対称型なのかレンズ構成図を見てもさっぱり分かりませんが。
ちなみに僕はMTF曲線の意味も分かってませんw
新しくSONYからSEL50F12GMが登場しましたが、作例見ても大して驚きませんでした。まーこんなもんだよな、というか。SIGMA ARTの上位互換というか。あれならPlanar50/1.4すすめちゃいますね。描写も雰囲気あるし、中古がだいぶ値下がったし。
でもこのZ 50mm/1.2Sは別格です。ノクチを持つくらい破格の武器を手に入れると思ってください。
普段使いはZ50/1.8S、本気撮りはZ50/1.2S。なにも迷うことはありません。
多分Canonの設計者とか地団駄踏んだと思うし、このことが世間に広まってないことにホッとしてると思う。それくらいすごい。
いい時代になりました。

今回はNikkor Z 50/1.8Sの透明感のあるプリセットとは反対に大口径レンズが生む空気の澱に色を乗せるような透明感のない感じで仕上げました。
こういうレンズは絵画的に仕上げないとただのボケ自慢の素人臭い写真になっちゃいますからね。
彩度高めの撮ってだしとかダメだぞ。
それにNikonの高画質レンズは雑味というかざわつきが皆無で無味無臭感がでちゃうのでやっぱりプリセットで味付けはマスト。ハッセルぽさにもつながります。


さて、コロナ渦で地獄のようなアパレル業界で働いている管理人が家族が止めるのも振り切って手に入れたこのレンズ、少しでもこどもたちの腹の足しになるように投げ銭の時間です。

今回のオススメの逸品は、、
クリッパ バッグハンガーです!
これはねえ、便利なんですよ。ぱかっと広げてカフェのテーブルなんかにバッグを引っかけれるんです。
しかも作りも相当タフで僕のMacbookpro 16インチが入ったクソ重いリュックもちゃんと吊り下げられます。(ちなみにリュックの取っ手がちぎれたことがあります)
バッグを足下の床に置くのやですよね。重いバッグを背もたれに引っかけるのも椅子ごとひっくり返ったり。心配です。
そんなときにこのクリップがあれば安心です。
そうそう、使わないときは取っ手に引っかけたままは厳禁です。なくします。バッグの中にちゃんと仕舞ってね。
お世話にはなったけど、好意もなく変な誤解されたくない人への贈り物にもピッタリです。

アフィリエイトってこのボタンから先で時間内なら何を買われても僕の収益に繋がるので、トイレットペーパーでもなんでも買ってくださいね♥
まじで。



こちらの記事もぜひ。

Share this Post

Follow me on Social!

NIKONレビュー