FOTONE フォトン

HOME > CANON > SIGMA ART 50mm F1.4 DG HSM with Eos R

SIGMA ART 50mm F1.4 DG HSM with Eos R

やっとと言うか、ついにSIGMA ARTです。もちろん持っていましたよ、当然です。
ですが実を言うと、SIGMA ART 50mmのレビューは避けていました。

だって…ぶっちゃけ「もうこれでいいじゃん」ってなっちゃいますもん。。
改めて写真を見て記事を書いていますが、やっぱり「これでいいじゃん」ですねw
この価格でこの性能、買わない方がどうかしてます。
唯一の弱点はサイズと重量。特にα7系との組み合わせはかなり持ちづらいのですが我慢できる人は買いです。写りは保障します。実際プロのカメラマンさんも使ってる人すごく多いですし、僕も仕事なら5DとSIGMA ARTを普通に使っちゃいます。カメラ談義なんてしてませんw
SIGMA ARTはメーカーからもユーザーからも神話や伝説みたいなものを奪ってしまったなとつくづく思っちゃいます。罪なレンズ…

今回はCanon EFマウントのものをアダプタをつけてEos Rで使用しています。動作は全く問題ありません。Eos Rの爆速AFでビシバシ。
α7専用の場合、グリップエクステンションがあるといいです。

写りに関して、弱点ではないですが他社に比べると少しボケ量が少ないようにも感じます(FOTONE的にはちょっと残念)、でもボケは美しくとても雰囲気あります。なんかしっとりというか。

一昔前ならシグマのレンズは固いとか言われていましたが、ARTは固いというよりはキリッとしてるといった印象。他社の50mm/f1.4レンズに比べるとシルエットがクッキリめに出る感じ。
キリッとしつつも美しいボケ味、開放から毛穴を写す異常なまでの解像度、もはや王者の風格すらあります。
これをスタンダードにされてしまうと、カメラメーカーも正直やってられないんじゃないでしょうか。どうせシグマ買うんでしょ、とか思うとF1.4レンズ作るの馬鹿らしいような気がします。
重さにはもう慣れるしかありません。カメラメーカー純正レンズもミラーレス時代になってどれも重い、諦めましょう。
重いのがイヤならF1.8レンズにしておく、もはやそういう選択肢以外存在しません。


50mm / f1.4の実力はやはりポートレートで。
開放で存分に味わって欲しい。まさに業界殺しの新スタンダード。

FOTONEの撮影はほぼ開放で撮っています

これは好き嫌いになると思うのですが、高画素素子に最新のSIGMA ARTのようなレンズの組み合わせはデジタルデジタルしてしまうように思っていて、フィルムっぽさを表現するとき邪魔に感じることもあったりします。ときどきLightroomでの現像時に粒子を足すとかしてもいいかも。
大体こんなに毛穴を写されて喜ぶ女性なんていませんし。
高性能なのにリーズナブルなレンズなだけにサッと買ってしまうかもしれませんが、自分の撮りたいイメージを持ってレンズを選んだ方が良いかもしれません。
SIGMAをディスっている訳では全然ないです。むしろSIGMAさんのことは心からリスペクトしてます。色んなレンズがあるから買うのが楽しい。
逆にフィルム写真好きな人はフィルムカメラとSIGMA ARTの組み合わせはかなりいいと思います。やっぱりクラシックレンズは解像度低いので35サイズのフィルムでもARTならなかり追い込めて中判買わなくてもいいかも?お試しあれ。

いや、でも話戻しますが、開放で撮ってるのに「う、毛穴…」「シミ増えたなあ…」と思わされるのはとにかくSIGMA ARTです!誰しもを幸福にするレンズではありませんw


おまけ
ソニーの撒き餌レンズ(SEL50F18)と同じシチュエーションで撮ったものです。
ちょっと見比べて欲しい。やはり奥行き感といいますか味わいが違います!

CANONSIGMAレビュー