FOTONE フォトン

HOME > レッスン > フィルターを使う_PRISETR / VSCO – Adobe Lightroomを使って現像

フィルターを使う
PRISETR / VSCO – Adobe Lightroomを使って現像

さて、このサイトにも何度かVSCOというフィルムシミュレーションソフトのことを書いていますが、2019年始めを持って販売を終了しています。
つまり新たに購入してLightroomに組み込んで現像することは不可能です。
とても残念なニュースで業界もかなり揺れましたw
もちろん、スマホ用のアプリの開発は継続とのことなのでiPhoneやiPadなどに取り込んで現像するのも可能なのですが、それも面倒ですよね。
でも面倒じゃないのか…
最近の写真好きはスマホで全て完結なのか…
僕にはもう分からない!!
(そういうわけでiPhoneを使った現像もまとめています)

話を進めます。
VSCOが使えない今、何か良いものがないのか。。
あります!
これは僕がたまたまFrickrで見つけてずっとフォローしていたステキなフォトグラファーさんが開発したと報告していたのを目にしてそんならちょっと…とゲットしてました。
結果的にはとても良いフィルムシミュレーションだと思うのでここで紹介することにします。
名前はPREISETR、そのままですねw
日本で紹介しているところはまだないんじゃないでしょうか。

VSCOのデスクトップ版同様、Adobe Lightroomに組み入れて使用します。
Presetr Lightroom presets to speed up your image editing
Lightroom用のプリセットはこれですね。
Presetr Two – Presetr

VSCOはとても良いものだったのですが、正直言うと使わないフィルターも多くフィルターを選ぶだけでも面倒くさい…
管理人は全てのパッケージをゲットしていましたが、最終的に使っていたのは5種もなかったですw
そういう意味でPREISETRはとても良い感じにまとめられています。
今っぽいフォトグラファーさんがよく使う実際のフィルムも大体KodakのPotrtaが多く、同系のFujiのフィルムはH400あたりになります。
これらがしっかりと入っていてオシャレな白黒のフィルターも入っているので、これ一個で手軽に始めれます。まだVSCOが販売されていたとしても僕はPREISETRをオススメしちゃいますね。それくらいちょうどいい。管理人も使用しいている割合としてはVSCOとPREISETRだと半々くらいでしょうか。
特にPortraチックな写真に仕上げたいと思ったら、VSCOのPortraよりもPREISETRのH400の方が良かったりしますw(それもどうなんだという話ですが)
こちらも実際に売れているのかよく分からない状況なので、早めにゲットしておくことをすすめます。
VSCO同様モバイル専用に流れてしまうかもしれませんし。

というわけで、導入方法と使用方法を軽く紹介。

購入してダウンロードしたら、フォルダ内のテキストデータに書いてある通り、以下の箇所にダウンロードしたフォルダをポコッとドラッグ。以上です。

Macの場合は
Library/Application Support/Adobe/Lightroom/Develop Presets
(ライブラリの表示はFinderを表示して移動から)

Windowsの場合は
C:\Users\YOUR USERNAME\AppData\Roaming\Adobe\Lightroom\Develop Presets

Lightroomを起動して編集ページに移動すると画面左のPRISETにPrisetrが表示され使用できるようになります。(中段あたりにVSCOの上に表示されています)

試しにVSCOとPrisetrでおなじFujifilmのH400をシミュレーションしてみます。
左がVSCO、右がPrisetrになります。
結構違うんですw まあその辺は好みのものを見つけるっていうことで良しとしましょう。
フィルム時代からカメラを弄ってきた管理人的にはコントラストが強めなものの、Prisetrの方が忠実な気がします。

α99II & Planar 50/1.4 SAL50F14Z

なかでもお気に入りのフィルターはH400 Alt 
VSCOも含めて一番KodakのフィルムPotraに近い仕上がりだと思っていますw

それから白黒のフィルターは本当に秀逸。
一発で良い感じにになります。
お気に入りは、Black & White Soft OD-

Eos R & RF 50/1.2

そもそもLightroom自体が月額制の有料なものなので避けている方もいるかもしれません。
フィルムシミュレーションなんかなくてもいい、という考えの方もいるかもしれませんが、あなたがいいなと思ったどこかで見た写真の殆どは現像ソフトで弄られています。(フィルムシミュレーションを使っているかは置いといて歪曲補正や構図、明るさ、色合い、ありとあらゆる点で)
自分はどんな絵作りが好みなのか、またどういうパラメーターを弄ると色や光を調整できるのかの勉強にもなるので、管理人的には裸一貫で始めるよりもまずはフィルムシミュレーションプリセットを使うことを強くすすめます!


こちらもどうぞ

レッスン