FOTONE フォトン

HOME > レビュー > 35mmのすすめ with Tamron SP 35mm / F1.4 Di USD

35mmのすすめ with Tamron SP 35mm / F1.4 Di USD

Tamron SP 35mm F1.4 Di USD ポートレート 作例 レビュー

35mm…
まあ、あの…、結局みんな好きだったりしますよね。
管理人も、50mm推しを何年もやってますが、実はそれまではずっと35mm愛好家でした。基本35mm/F1.4を付けっぱなしにして。
ただ、本気で写真に向き合うと35mmではやっぱり作品になれない気がしてて。
もちろん、35mmで登り詰めれた人もいるかも知れません。でもあんまりいないんじゃないでしょうか。
やっぱり35mmはスナップの画角で、全部ちょうどよく入っちゃうから視線というか見つめたまなざしのようなものが薄まってしまうように感じます。
たとえF1.4でも50mmに比べると立体感も大したこともないので、やはり仕事ではちょっと避けたいレンズです。
そういうわけで使わなくなりました。
でもここにTamronのSP 35mm/f1.4があります。なんでだろ。
あったら使う。
この世に無駄なものなどない。

実はちょっと企みがあって取りよせました。
そしてそれが結構うまくいったのでレビューしたいと思います!

Tamron SP 35mm F1.4 Di USD テーブル フォト 単焦点

35mm、テーブルフォトなんかもパッと撮れて便利ですよね。
まあこんなもんかと。

Tamron SP 35mm F1.4 トリミング

はい1:1にトリミングしました。
どうでしょうか、ぐっと引き締まりました。

題して、

「インスタに上げるとき最初勝手に1:1トリミングされてやたらよく見える」
現象です。

あのとき、「あれ?このままでよくね?」って誰しも思ったことがある筈です。
あの現象を自分の力にする。誰でも出来ます。
そもそも35mmは広すぎます、しかも画面端は流れてて使えないし、旅先で建物入れたいとか、室内撮影で被写体と距離が取れないときに使うような画角です。
よっぽどの理由がなければモデル撮影で35mmなんてプロは使いませんよ。騙されないように。
流れて使えない画面端など切って捨てましょう。
切って捨てれば35mmはとてもちょうどよくなります。日常の視野をぱこっと抜いた35mmの視線をさらにもう一回引き締めればちょうど50mmで撮ったような感じになるはずです。
50mmでこれをやったらクローズアップしすぎとも言えます。
だから、それってAPS-Cと35/1.4の組み合わせと一緒じゃないの…とか言うな。
APS-Cよりいいレンズが揃ってますから。

Tamron SP 35mm F1.4 スナップ
Tamron SP 35mm F1.4 室内

どうですか?あのインスタ上げるときの感覚思い出してきたでしょう?
腐ってもF1.4、スマホで撮るよりははるかに空気感のある写真が撮れます。しかもこんな感じで室内でもそこそこの空間を切り取れます。
3mも離れたら確かにボケは乏しい、でもそこはF1.4でカバー。なんか奥行き感じます。
楽しい!

Tamron SP 35mm F1.4 接写
Tamron SP 35mm F1.4 ボケ

35mmだと、被写体に寄れるのもメリットになります。50mmで自分の手やからだを撮るのはしんどい。
手ってとてもいい被写体ですよね。エモい。
もちろん最新のレンズ、毛穴を写す解像度、そして噂通りの優しい描写。
このレンズが一級品であることは一目瞭然です。
しかもこの価格。オススメで皆があげてくるのは納得のレンズです。
AF作動もスッと動いて、いまどきレフ機用かよ〜とは思うものの信頼のクオリティです。
ミラーレスの場合は諦めてアダプタつけましょう。
管理人はミラーレスオススメします。やっぱり1:1のライブビューがファインダーで見れるので。
グッと楽しさが増します。

Tamron SP 35mm F1.4 風景 建築
Tamron SP 35mm F1.4 landscape

もちろん、風景も。
1:1だとなんかかわいくなります。

1:1でインスタらしい軽快なシャッターを素直に楽しんじゃいましょう。
これってすごく大事で「なんかすごいの撮ってやろう」って気負いが抜けてパシャパシャ撮れるようになると思うんですよね。
毎日撮ったらホントに写真ってうまくなります。
皆さん毎日撮りましょう。そして毎日写真はSNSに上げるともっとうまくなると思います。
下手なのもあんまり気に入ってないのもあるかも知れませんが毎日上げる。ネタがなくなるからいろんな作例を見る、インプットが増える。
すごく上達すると思います。
そんな毎日を撮るのに35mmってすごくいいと思います。

Tamron SP 35mm F1.4 ポートレート
Tamron SP 35mm F1.4 ポートレート
Tamron SP 35mm F1.4 犬
Tamron SP 35mm F1.4 ポートレート
Tamron SP 35mm F1.4 風景

あえて今回は全身が入ったようなポートレートは避けました。
そりゃ撮れますよ。普通に。
このレンズ、ググると沢山でてきて、モデル撮りに最高みたいな感じで超推してたりしてます。
でも絶対に50mmや85mmで撮った方がいいですよ、そんなの当たり前。
あまり褒められた記事じゃないなってちょっと思ったりします…
ゆとりのない距離で全身撮ったら当然パースが付いて頭大きくなるし、寄って撮ればボケるけど寄ってるから歪むし、そういう写真ばかりだと飽きそうというか。素人臭いと言うか…
85mmのレビューでも書きましたが、写真は離れて撮れば撮るほど被写体の歪みが取れて端正な写りになります。理由がない限り35mmで積極的にモデル撮影をプロがすることはまずありません。

でもスナップにはホントにいいと思います。
ただスナップでも50mmの方がやっぱりいいし、50mmの印象に近づける為に今回1:1フォーマットにして無駄なものをそぎ落としてソリッドにする効果を狙いました。
管理人的にはかなり気に入ってます!

で、も、!!
どうなんすかこのサイズ感。
50mm同様、現代のレンズは35mmもF1.4だとでかくて重い。確かにこのクオリティでこのプライスはよくやったと言いたい。でもこれを毎日ぶら下げて毎日スナップを撮れとはちょっと言えない。
50mmならある程度覚悟も持てるんですよ、でも35mmでなあ…
あ、これ超大事なんですけど、じゃあF1.8のレンズならどう?って考えもあると思います。
F2あたりの高級コンデジなんかもそうですよね。持ち歩きしやすいし。
これも寄ると全然よくボケるんですよ。F1.8でもお子さんや手のアップとか。
でもちょっと離れて撮ったらなんてことないです。大げさじゃなくてスマホでいいじゃんって思い始めます。50mm/F1.8とはわけが違います。
結局50/1.4で撮ると「やっぱええわ〜」となります。
有名インスタフォトグラファーさんらも大体50mmでF1.4以上です。見れば分かる。
F1.2の方もいらっしゃいますね。
そこはもうやっぱり写りに出ます。気持ちとかじゃなく。

いやーでもたまに35mm/F1.4で撮ってる方もいらっしゃってビックリするときもあります。FOTONEもちょい推ししてるAPS-Cと35/1.4の組み合わせもそうですし。
家に帰ったらレンズ付け替えて、って使い方なら猛烈に推せるいいレンズです。
でもまあ外で毎日連れ歩くスナップ用ならライカくらいがいいですよね〜
ははっ


よし、本題の逸品コーナーです!
今日は、播磨屋のカレー味煎餅、その名もカレー満月です。
最近見ませんが、皇居の周りをえげつないメッセージでデコったトラックでずっと回ってるあの播磨屋さんです。
トラックはエグいけど、煎餅の味は最高と煎餅好きからは高評価を得ています。
間違いなく煎餅界最高の食感とカレーの風味、その華麗さ、まさに煎餅界のエンペラーと言って相応しい、最高品であることを保障します。
レビューを読んでちょっと小腹が空いたなと思ったら是非ポチってください。
大切なひとへの贈り物にも絶対に喜ばれます。


Share this Post

Follow me on Social!

レビューTAMRON