FOTONE フォトン

HOME > コラム > 旅とカメラ ノクチと行く京都 noctilux 50mm / f0.95 asph.

旅とカメラ ノクチと行く京都 noctilux 50mm / f0.95 asph.

noctilux 50mm f0.95 asph. 作例 単焦点 レビュー 京都 Kyoto 疎水 風景

出張が続くシーズン、松山の次は関西です。木金と出張なので土曜を撮影に当てれるかなと目論み、今回はSIGMA fpではなくノクチとともに出かけます。
当サイトではノクチの記事が一番アクセスが多く、ここはもっと伸ばすべき!と満を持してノクチで秋の京都へ。
京都といえば写真好きなら聖地といっても過言ではありません。関西には有名なインスタグラマーさんも多くて映えスポットも多いのですが、そこはスルーして今回は管理人の思い出の京都を巡ります。

というわけで、スタートは南禅寺から。
管理人は学生時代からわりと京都に訪れることがあって、とにかくお金がもったいなかったのでタダで行けるところばかりウロウロしてました。

noctilux 50mm f0.95 asph. 南禅寺 ボケ Nanzen-ji temple landscape
noctilux 50mm f0.95 asph. 南禅寺 ボケ Nanzen-ji temple 風景
noctilux 50mm f0.95 asph. 南禅寺 ボケ Nanzen-ji temple 実写 作例

もはや映えスポットは順番待ち、撮るのもちょっと気恥ずかしい…
南禅寺から向うのはもちろん哲学の道。

noctilux 50mm f0.95 asph. 哲学の道 ボケ 実写 作例 Philosopher’s Path
noctilux 50mm f0.95 asph. 哲学の道 ボケ ノクチ Philosopher’s Path
noctilux 50mm f0.95 asph. 哲学の道 ボケ ノクチルクス Philosopher’s Path

もちろん哲学めいたことなんて考えるはずもなく、「ちくしょう、ここに住みてえな…。いいなあ、あの家…」と道沿いのやたらいい感じの家々を眺めて歩きます。

noctilux 50mm f0.95 asph. Hōnen-in 法然院 京都 Kyoto 作例

ついでにこれまたタダで入れる法然院に足を運んだり。

noctilux 50mm f0.95 asph. Honen-in 法然院 京都 Kyoto ノクチルックス

そして哲学の道から次に向うのは、銀閣寺でもなく別に観光地でもなんでもない白川通りです。
いや、まじでなんでもないところなんですけど、学生時代、この辺に友達がいて何度か来てたんです。
そういうわけで白川通りは僕の青春。

知ってます?白川通り、なんかちょっと感じのいいところで、四国の田舎から東京の果ての町田で狸と暮らしてた管理人と打って変わってこんな感じのいいところで暮らしてる友人…
さすがの僕も当時は(なんで僕より成績が悪かったコイツがこんないいところで青春送ってんだ?!)と怒りに震えたものです。

noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクティルックス 作例 風景
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクティルックス 作例 風景

「すす、スーパーやパン屋がオシャレ!!」とがく然としたことも今となってはいい思い出です。

noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクティルックス 作例 風景
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクティルクス

( 大丈夫、お前は東京でオシャレな仕事をする男になれたぞ )と当時の僕を慰めるようにオシャレなカフェでモーニングを頂きます。

noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクティルックス 鴨川 出町柳 Kamo River

そして向うのは、、鴨川。
まさに青春の塊。東京のど田舎で過ごしたはずなのに鴨川に来ると今でも胸がキュンとするから不思議。
いいなあ鴨川。こんなところで青春を送るとか正直想像がつかない。それに比べて僕と来たら…
僕の恋人や友人はもしかしたら狸だったのかも知れない。

noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス 鴨川 出町柳 Kamogawa River ポートレート
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス 鴨川 出町柳 Kamogawa River ボケ 風景
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス 単焦点
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス 単焦点 landscape
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチ ルクス 単焦点
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス ポートレート portrait

もはや変なおじさんすらちょっと良い感じに見えるから京都はすごい。
隣の大阪ではしっかりと変なおじさんなのに。
こんなことが出来るのはあとはパリくらいですからね。

noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチ 河道屋 Misoka-an Kawamichi-ya

もういい年した大人なので白州正子も愛したといわれる河道屋さんによく来るようになりました。
ぜひ名物の芳香炉を食べてください。
座敷席はテーブルが低過ぎてやや難儀します。

noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス ボケ
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス 河道屋 Misoka-an Kawamichi-ya 作例
noctilux 50mm f0.95 asph. 京都 Kyoto ノクチルックス 風景

今回は訳あって全てf1.8で撮りました。
濱田英明さんの写真って柔らかい感じがするのに全部ガチピンなんですよね。
僕はアナログっぽい雰囲気を出す為にわりとアウトフォーカスにしたりするんですけど、濱田さんは一切そういうことをしてなくて、それはちょっと僕は逃げなのかなと思って今回はあえてf1.8で、しかもガチピンで撮りました。
やっぱり開放の方がもっと破壊力はあったんじゃないかという気持ちもありますが、これだけの晴天だと解放ではフリンジ出まくりで、それはそれで困ったと思います…
いや、でも正直松山のときのNOKTONの方がボケてない?!いやいや、そうは言ってもノクチのボケの方がスムースで中判感あるはず…
ていうか、以前、濱田さんがSIGMA ARTで基本f1.8で撮っていると特集で話してたんですよね…

……騙された!!
ちょっと納得いかない。
やっぱりもう一度ノクチ解放で京都に来たいと思います…

(了)


いろいろ迷ったらこちらの記事もぜひ。

Share this Post

Follow me on Social!

コラムLEICA